がんブック〜がんの専門ブログ

がんの情報を分かりやすく解説

ガン治療の時に取るべき栄養素とは?私の実体験を元に紹介!

binoculars-1209011_640

あなたは、「自分のガンは本当に治ってくれるのだろうか?」と不安に感じていませんか?

実際に、私も57歳でステージ3Aのガンが見つかって、すぐに手術をして、
がんの手術後の抗がん剤治療の時には、不安な気持ちでいっぱいでした。

しかし、ガンの治療で手術や抗がん剤治療をしている時に、
自分で食事の栄養に気を遣うことでガンを克服できました。

今回は、そんなガン治療の栄養について紹介していきます。

なんでガンが発症してしまったのか?

食事の栄養の話の前に、そもそも、なぜガンが進行してしまうかと言うと、
ガンの増殖するパワーが、体の免疫力よりも上」の状態が続いているからです。

じつは、私たちの体には、健康な人でも毎日5000個のガン細胞ができている、と言われています。

しかし、健康な人は体の免疫システムが上手く働いているおかげで、5000個のガン細胞を1つ残らず退治してくれるので
ガンにならずに済んでいるのです。

つまり、ガン患者でも、免疫システムを維持できるように、しっかりと栄養を取れば健康を維持できる、と言うわけです。

どんな栄養素を取れば良いの?

では、どんな栄養素を取れば良いかと言うと、ブロッコリーに含まれる栄養素です。

じつは、ブロッコリーには「ブロリコ」などのガン予防に良い栄養素が多く含まれていて、注目されている食材でもあります。

このブロッコリーのガン治療については、「ホンマでっかTV」と言う人気番組でも取り上げられましたよ。


引用:http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/ef3f5e9f68862734154c697a3975f733

ブロッコリーに含まれる栄養素とは?

じゃあ、具体的にブロッコリーには、どんな栄養素が含まれているかと言うと、「ブロリコ」と言う成分です。

このブロリコには、医学界で注目されている有用成分「βーグルカン」の50倍、「フコイダン」の60倍、「プロポリス」の1000倍のパワーがあることが分かっており、体の本来持っている力を維持してくれます。

なので、「今の自分の体の状態が心配だ」とか「もっと栄養をしっかり取りたい」と言う場合には、ブロリコを取るのが良いですね。

ブロリコの欠点とは?

しかし、ブロリコにも欠点があって、それは「ブロッコリーを食べる、と言うように食事で取るのが難しい」と言う事です。

確かに、ブロッコリーにブロリコの成分があるのですが、ブロリコの量がかなり少ないので、ただ単にブロッコリーを食べるだけでは、必要な量のブロリコを取ることができないのです。

「じゃあ、どのようにブロリコを取れば良いの?」と言う話になってくるので、私はブロリコの研究をしている「ブロリコ研究所」に無料を資料請求をしてもらいました。

ブロリコ研究所とは、イマジングローバルケア株式会社が運営している研究所で、東京大学と「ブロリコ」で共同特許を取っています

資料請求をすると、下の写真のように冊子が2冊送られてきます。
白い部分は、私の住所なので隠しています(笑)

img_0549

送られてくるのは、「ブロリコ体験100人の声」や「ブロリコとはどんな成分・働きがあるのか?」、「ブロリコを効率よく取る方法」の解説をしている冊子やDVDですね。

>>ブロリコの公式サイトはこちら

img_0550

img_0553

ガンは進行するごとに治療も難しくなる病気なので、1日でも早く対策を行うことを心がけましょう。

ガン治療は1日1日が闘いでつらいですが、頑張っていきましょう!

>>ブロリコの公式サイトはこちら

2017/10/28