がんブック〜がんの専門ブログ

がんの情報を分かりやすく解説

食道がん

ステージ1の食道がんの生存率や治療法を分かりやすく解説する

PASONA_8_TP_V

あなたは、「検査を受けて、ステージ1の食道がんと診断されたけど、この先どうすれば良いのか分からない」と、悩んでいませんか?

しかし、焦ってばかりではいけません。なぜなら、ガン治療を成功させる秘訣は、いかに多くの正確な情報を集めるかにかかっているからです。

そこで今回は、ステージ1の食道がんの生存率や治療法などを、分かりやすく解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

ステージ1の食道がんの生存率とは?

まず最初に、ステージ1の食道がんの生存率(治療成功率)を確認しておきましょう。

横浜市立大学医学部 消化器・腫瘍外科学」さんのデータによると、ステージ1の5年生存率は「80.5%」と言う数字が出ています。

syokudou-stage1-sseizon引用:横浜市立大学医学部 消化器・腫瘍外科学

なぜ、5年生存率なのかと言うと、専門家の間ではガンは5年以上再発しなければ完治した、と考えられているからです。

生存率が80%と比較的高めなので、「がん=死」と考えるのは間違っていることが分かります。しかし、万全を期するためにも、「家の近所に腕の良い医師はいないか」などの情報収集を必ず行うようにしましょう。

ステージ1の食道がんとは、どんな状態なのか?

そもそも、ステージ1の食道がんとはどのような状態かと言うと、以下のような特徴のいずれかを持っています。

  • ガンが食道の粘膜下層(内側)にとどまっていて、リンパ節や他の臓器に転移していない
  • ガンが食道の粘膜内にとどまっていて、近くのリンパ節に転移している

簡単に言うと、ステージ1の食道がんは、「ガンはあるけどまだ小さいし、転移をそれほどしていない。手術でガンを完全に取り除ける」と言った程度のガンです。

また、ステージ1の状態では、吐き気・食欲不振などの自覚症状も滅多に出ないで、定期検査によって発見されることが多いです。

ステージ1の食道がんの治療法とは?

ステージ1食道がんの治療では、外科手術のみ行います。基本的には、抗がん剤治療や放射線治療などは行いません。

手術の1週間前から入院を開始して、検査でガンの様子や食道の状態をチェックしていきます。食事も普段通りにできますが、手術前日は食べ物を食べてはいけません。

手術の前日に麻酔を打って、手術直後には麻酔の効果が効いてきて、気づいたら深い眠りについています。そして、目が覚めた頃には「いつの間にか手術が終わっていた」と言う状態になります。

手術後は、2日~1週間後に退院できて、その後は日常生活・仕事復帰が可能です。その後は1ヵ月おきなど、定期的に検査を受けてガンの状態を調べる必要があります。

具体的にどんな手術を行うのか?

一言で「外科手術」と言っても、手術の方法は何種類かに分けられます。以下の手術が、代表的なものです。

  • 喉頭温存食道切除法
  • 咽頭喉頭食道切除法
  • 胸部食道全摘術

色々な方法がありますが、結果的には「食道を切除した後に、胃を細長く変形させる」と言う方法を取っています。分かりやすく説明すると、下の図の様な感じで手術を行います。

syokudou1-syuzyutu引用:食道がん

まずは、ガン細胞がある食道の部分を切除します。しかし、このままだと口から食べ物を入れた時に、食べ物が胃に入らないようになるので、胃の一部の切除して細長く伸ばして、胃と食道の残った部分をつなぎ合わせます。

このように、普通は丸い形をした胃を細く伸ばすので、胃の消化機能が低下して、手術後は「食欲がない」「食べ物が食べにくい」など食生活で不便に感じることが出てきます

しかし、「少しずつ食べれるものから食べる」などの対策をしていくことで、早ければ1ヵ月程度でストレスのない食生活が遅れるようになります。手術後のアフターケアについては、医師や看護師から詳しく聞けるので安心してください。

私がガン治療中に取っていた栄養とは?

あなたは、「健康維持のために、小さなことでも自分でできることをやりたい!」と思っていませんか?

そんな人には、日ごろから食事で取っている栄養素の見直しをすることをオススメします。 実際に、私も栄養管理をすることで健康維持に成功していますよ。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

ガン治療の時に取るべき栄養素とは?分かりやすく解説する

スポンサーリンク

-食道がん

この記事をシェアする