がんブック〜がんの専門ブログ

がんの情報を分かりやすく解説

がん 治療

末期がんの痛みの原因と緩和する3つの方法

末期がん 痛み 緩和

あなたは、「末期がんの痛みを少しでも軽くできないものか」と悩んでいませんか?

そこで今回は、末期がんによる痛みの原因とそれを緩和する方法を3つ紹介していきます。

是非、参考にしてください。

スポンサーリンク

なぜ末期がんで痛みを感じてしまうのか?

そもそも、なぜ末期がんになると、激痛を感じてしまうようになるのでしょうか?

私たちの体の至るところに「痛点」と呼ばれる、痛みを感じるシステムがあります。例えば、指で熱いヤカンを触った時に思わず「熱ッ」と言って手を引っ込めますが、あれは手に痛点が集中していて、より痛みに対して敏感だからです。

痛点は手だけでなく、筋肉や骨、皮膚など様々な場所にあります。

ガンが進行していくとガン細胞自体が大きくなっていき、やがて筋肉や骨の痛点を常に刺激している状態になるので、1日のほとんどを激痛を感じるようになるのです。

末期がんの痛みを緩和する3つの方法

末期がんに対するベストな治療法は「完治」ですが、5年生存率は10%以下と言うことを考えると、ガンを治すのを第一に考えるより「いかに、ガンによる苦しみから解放されるか」が重要になってきます。

そこで現在の医学では、末期がんの痛みの緩和ケアとして以下の3つの方法が用意されてあります。

1、ガンそのものを小さくする

痛みを緩和する1つ目の方法は、「ガンそのものを小さくする」ことです。例えば、外科手術や抗がん剤治療、放射線治療などでガン細胞を小さくすることで、ガンが痛点に触れるのを防ぎ痛みを抑えます。

しかし、末期がんの場合は、ガンが臓器の広範囲に広がっていて、胃や肝臓などの臓器が上手く働かなくなるので、患者さんの体力が大きく低下している場合があります。

外科手術や抗がん剤治療は、治療効果が期待できる分、それだけ患者さんの体力面での負担も大きくなるので、治療を断念することもよくあります。

2、痛みを感じる神経をブロックする

私たちが感じる痛みは、痛覚が「痛点→神経→脳」と言う流れで脳に伝わることで、はじめて起こるものです。

なので、末期がんに痛みを緩和するためには、麻酔薬や鎮痛剤を使って神経の働きを意図的に低下させたり、神経を破壊したりすることも考えられます。

末期がんは広範囲にガン細胞が広がっているので、全ての痛みを和らげるのは難しいです。しかし、痛みを少しでも和らげることで、患者さんの「生活の質」が向上し、生きる希望にもなるのでやってみる価値は十分にあります。

3、モルヒネを使う

ガンの痛みを和らげるために最も使われている鎮痛剤は、「モルヒネ」です。モルヒネは、脳の「中枢神経」と言う痛みを感じる部分に働きかけて、痛みの感覚を麻痺させる狙いがあります。

モルヒネは「脳に働きかける」とか「副作用が怖そう」と言うネガティブなイメージを持っている人が多いですが、じつは、医師が専門的な知識のもと使えば、副作用もほとんどなく、安全にガンによる痛みから患者さんを解放することができます

私がガン治療中に取っていた栄養とは?

あなたは、「健康維持のために、小さなことでも自分でできることをやりたい!」と思っていませんか?

そんな人には、日ごろから食事で取っている栄養素の見直しをすることをオススメします。 実際に、私も栄養管理をすることで健康維持に成功していますよ。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

ガン治療の時に取るべき栄養素とは?分かりやすく解説する

スポンサーリンク

-がん 治療

この記事をシェアする