がんブック〜がんの専門ブログ

がんの情報を分かりやすく解説

肺がん

肺がんの在宅治療・看護で知っておきたい3つのこと

あなたは、肺がんの在宅療法をやるべきかどうかで、迷っていませんか?

そこで今回は、肺がんの在宅療法をやる前に、知っておきたい3つのことを紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

肺がんで行う在宅治療とは?

肺がんの患者さんが行う在宅治療とは、がん治療の期間においても、豊かで幸福な幸せを送れるように、自宅でのがん治療のことを言います。

全ての患者さんが自宅療法を行うことはできませんが、自宅療法を選択できるのは、以下の3つのケースです。

  • 緩和ケアをする患者さん
  • 放射線治療をする患者さん
  • 抗がん剤治療をする患者さん

抗がん剤治療と聞くと、毎日病院のベッドで点滴を打っているイメージがありますが、実際の所は、4週間の治療を1セットにしてその内の1日目と8日目に使う、と言う風にある程度間隔を開けて治療を行っていきます。

なので、患者さんの状態を考慮した上で医師がOKを出せば、抗がん剤治療でも在宅治療を受けることができます。

在宅治療をするのが本当に正しいのか?

しかし、ここで問題になるのが、「在宅治療が患者さんにとって正しい選択なのか?」という事です。

もちろん、がん治療では100%正解と言うものがないので、患者さんの意見を尊重することは大事です。

しかし、在宅治療では家族の方に、時間的にも精神的にもかなりの負担がかかる可能性があるので、そこも考慮して考える必要があります。

例えば、在宅治療をすることになると、こまめに薬を飲んだり肺に吸入をしなければならない場合もあります。なので、家族の中に、ある程度時間に余裕のある人がいなければできません。

在宅治療をするのであれば幸せを目指そう

もし、在宅治療を決意するのであれば、患者さんも家族も幸せになることを目指すのが理想です。

結構有名な話ですが、「笑うようになってから、ガンの進行が収まった」と言う人をよくテレビで見かけます。

肺がんは私たちの免疫力を低下させて、やがて死に至らしめる恐ろしい病ですが、「笑い」には免疫力を上げる不思議な力があります。

  がん細胞は、生まれた瞬間から常に発生している。その数は三千から五千個/日・人。しかし、NK細胞は血液中に50億個ある。多勢に無勢である。NK細胞がその力をフルに発揮できる環境を整え、維持すればがんは抑制できる理屈になる。その引き金の一つが笑いである。

引用:No.457-笑いはがんを征圧する

もちろん、笑いのガン抑制効果は個人差があるし、むしろ、普通に病院で抗がん剤治療を行った方が、体の調子が良い人もいます。

しかし、肺がん治療の1つとして、在宅治療を選択肢に入れることで、真に納得のできる治療を行うことができます。

私がガン治療中に取っていた栄養とは?

あなたは、「健康維持のために、小さなことでも自分でできることをやりたい!」と思っていませんか?

そんな人には、日ごろから食事で取っている栄養素の見直しをすることをオススメします。 実際に、私も栄養管理をすることで健康維持に成功していますよ。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

ガン治療の時に取るべき栄養素とは?分かりやすく解説する

スポンサーリンク

-肺がん

この記事をシェアする