がんブック〜がんの専門ブログ

がんの情報を分かりやすく解説

肺がん

肺がんの自覚症状のチェック一覧と知っておきたい2つのこと

あなたは、最近せきが長く続いたり胸が苦しく感じて、「もしかしたら肺がんかも」と疑っていませんか?

そこで今回は、自分の健康状態が、肺がんの自覚症状をチェックする一覧と、肺がんの自覚症状について特に知っておきたい2つのことを紹介していきます。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

肺がんの自覚症状のチェック一覧

肺がんの自覚症状には、以下のものがあります。

  • 時間が経っても、咳がなかなか治らない
  • タンに血が混じっている(血痰)
  • 呼吸困難や息切れが激しい
  • 胸や背中が持続的に痛む
  • 風邪をひいていないのに熱が出る
  • 声がかれる
  • 肺炎や気管支炎を繰り返す
  • 食欲や体重が減る
  • 疲労感がある

個人差がありますが、肺がんの自覚症状は、早期肺がん(ステージ1)ほど出にくく、末期肺がん(ステージ4)になるほど深刻になっていきます。

もちろん、これらの症状があるからと言って、すぐに「自分は肺炎だ」と決めつけるのは安易すぎます。

例えば、声がかれたり疲労感があるのは、単に加齢によって体質が変わったのが原因かもしれませんし、風邪をひいたり熱が出るのは、ただの気管支炎の場合もあるからです。

逆に、肺がんになっても、全く症状が出ない人もいます。

肺がんの自覚症状については、「東京慈恵会医科大学附属柏病院」さんも以下のような見解を述べています。

肺がんは症状がでにくい疾患です。症状がなくても安心はできません。

肺がんの症状には、1週間しても改善しない悪くなる咳があります。これは肺がんが気管支や肺を刺激してでる症状です。

肺がんが気管支に傷をつければ血痰(けったん)も起こしやすくなります。肺がんが気管支を閉塞すると、ぜいぜいした息やその先に肺炎、気管支炎を起こしやすくなります。

引用:肺がんの基礎知識|東京慈恵会医科大学附属柏病院

肺がんと風邪との決定的な違いとは?

肺がんの自覚症状で一番気になるのは、「自分の風邪は、肺がんのサインではないだろうか?」という事です。

ただの風邪と肺がんの咳は非常に似た症状を見せますが、唯一異なるポイントが「血痰が出るかどうか?」と言うところです。

普通の風邪であれば、白か黄色のタンが出ますが、肺がんのタンは血が混じっていることが多々あります。

自覚症状が発覚した時には、すでに手遅れなのか?

一般的な傾向としては、「胸痛、発熱、呼吸困難」の自覚症状の場合は、かなり肺がんが進行していると考えられます。

なぜなら、胸痛はガン細胞が胸壁に侵入した場合、呼吸困難は肺に占めるガン細胞の面積が広くなった場合のように、いずれもある程度ガンが進行しないと起こらない症状だからです。

しかし、実際にどのくらい肺がんが進行しているかは、検査をしないと分からないことが多いです。

「肺ガンが発覚するのが怖くて、検査に行けない」と言う人もいますが、ガンを放っておくと、それだけ手遅れになってしまうので、早めの検査を心がけましょう。

肺がんの早期発見・検査の重要性は、専門家たちが口をそろえて言っていることで、「日本生命済生会付属日生病院 総合内科部長」である立花功さんも、以下の見解を述べています。

次々と新しい抗がん剤が登場しても、まだ完全にがん細胞をなくしてしまうほどの薬はできていません。すなわち、抗がん剤治療だけではいずれ肺がんは再発します。最良の肺がん治療はやはり外科切除であり、早期に発見することが肝要です。

引用:Vol.14 肺がんNo.2~早く見つけて治療~ | 日本生命保険相互会社

私がガン治療中に取っていた栄養とは?

あなたは、「健康維持のために、小さなことでも自分でできることをやりたい!」と思っていませんか?

そんな人には、日ごろから食事で取っている栄養素の見直しをすることをオススメします。 実際に、私も栄養管理をすることで健康維持に成功していますよ。

詳しくは、以下の記事に書いているので参考にしてください。

ガン治療の時に取るべき栄養素とは?分かりやすく解説する

スポンサーリンク

-肺がん

この記事をシェアする